プロフィール

paiff

Author:paiff
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット中の栄養管理は、普段の食生活よりも一層気を使うものだ。

痩せるという行為だけを見ると、1日の消費カロリーが摂取カロリーを上回ればよいだけだので、極端な食事制限により、痩せることもでくる。

ただ、食事制限ばかりで体重を落としてしまうと、人間の身体の中にある本能が働き、少ないエネルギー摂取でも適応できるようになってしまいる。

ダイエット中の一日の摂取カロリーは基礎代謝を下回らない範囲で、目標体重×25~30kcal程度が目安となるそうだ。

自分の必要と知るカロリーがわかると、改めて栄養管理について考えなくてはなりません。
それは摂取する食事量を減らすということは、体に必要な栄養素の摂取量も減るということだからだ。

特にたんぱく質は、筋肉や血液、髪、骨など体を作るもとのなっているものだ。
ダイエット中だから野菜しか食べない!などとしてしまうと、たんぱく質も不足してしまいる。

脂分だって、体には必要だ。人間の体の中では作り出すことのできない、必須脂肪酸については、食物から摂取しなければなりません。

肉断ちや魚断ちを強要される単品ダイエットは、こういう点に関しての配慮がされていないので、体によくないダイエット法だと評価されてしまうようだ。


ダイエットは一生ものだとも言いる。
きちんとした食生活によって、せっかく体重を減らしたなら、その体重を今度は維持していきたいだ。
また、乱れた食生活を送っていると、メタボリックシンドロームなどを引き起こす可能性が高くなる。

ヘルシーでもバランスの取れた食生活を心がけ、健康的な体重管理を続けて生きたいものだ。


近年、ペット産業がものすごい勢いで発展していくとともに、動物に関する資格も実に多様になった。

獣医師など、一般の人にはなかなか難しい資格ばかりでなく、動物看護士、トリマー、家庭動物販売士、愛玩動物飼養管理士、ペット栄養管理士、ペット温灸士、ドッグライフカウンセラー、認定ペットシッター、ドッグライフアドバイザーペットアロマセラピストなど、ペットの生態系や栄養管理、また、病気に関することなど、実に多岐に渡った資格がある。

また、動物看護士のように、同じことを目的としていても、民間の資格であるために、それぞれが独自に認定証を発行しているものもある。

獣医師を除いて、ほとんどが民間の資格ではあるので、ペットに携わる仕事をするうえで、必ず必要というわけではありません。
しかし、講習を受け、試験に合格しなければ取得できない資格もたくさんあるので、知識は一般の人とは比べ物にならないと思う。


ペットを健康的に、長生きさせたいと思うのは、飼い主なら当然のことだと思う。

栄養管理や病気についてなどであれば、ペット産業にかかわる仕事をしていなくても、勉強しておきたいもの。
多少費用はかかりますが、これらの資格を取得しようとするのであれば、専門的に、そして効率的勉強することがでくる。

資料については、本やネット上にたくさんある。
勉強する内容や受験方法、費用、取得にかかる時間など、事細かに解説してくださっているサイトも数多くあるので、興味があるものについて調べ、挑戦してみるのも良いかもしれない。


ペットと人間は同じものを食べることができません。

人間にとって、バランスの取れた食事であっても、ペットにしてみれば栄養のバランスは良くありません。
考えてみれば、元々が肉食である犬や猫と、雑食である人間が同じ栄養素を必要としているとは、思えません。

とにかく、人間とペットは必要な栄養素も異なるし、人間は食べることができても、ペットが食べてしまうと、中毒を起こしてしまい、最悪の場合、死にいたってしまう食べ物もある。

一昔前なら、犬や猫のご飯なんて、人間の残り物やご飯にお味噌汁をかけたものがほとんどだったと思う。
家族の一員としてかわいがっていても、ペットの健康管理について、きちんと考えている家庭なんて、少なかっただろう。

しかし、人間の生活にゆとりが出てきたためか、現在ペットを飼われている家庭の多くが、ペットに人間の残った食事を与えているなんてことをしていないだろう。
ペットにはペットにふさわしい、専用の食事を与えることが当たり前となっている。

そんな中、ペットにはどんな食事を与えるか、悩まれる方が多いのではないでしょうか。

一番手軽にペットの栄養管理ができる食事がペットフードだ。
ペットにとって必要な栄養素がバランスよく配合されているからだ。
ペットフードのパッケージに書いてある目安料を基準に、ペットの体調や体系を考慮して調整してあげることによって、手軽に栄養管理をすることがでくる。

ホームセンターなどに行けば、たくさんの種類のペットフードが売っているので、ペットの嗜好にあわせてあげることもでくる。

また、中にはプレミアムフードと呼ばれる、素材にこだわりを持ち、栄養面にも優れたフードが出ているので、どれを与えると良いのか、悩んでしまいる。

雑誌やネット上にはペットの食事に関する情報もたくさんある。
その中から、自分がこれだと思うものを選び出して上げてください。
せっかくペットを飼ったのだから、健康に長生きしてもらいたいだから。


ペットの人気が高まっている最近では、そのペットに関する資格もたくさん増えている。

獣医師などの国家資格以外にも、トリマー、家庭犬トレーニングインストラクター、ペット販売士、ペット栄養管理士、小動物看護士、ペット繁殖指導員など、その目的に応じて様々な資格がある。

その中の一つ、ペット栄養管理士とはその名のとおり、ペットの栄養に関する知識の普及と指導に必要な人材を育成し、ペットの健康向上を図り、もって動物の愛度に寄与するという目的で、2002年5月に設けられました。

ペット栄養管理士の資格を取得するためには、ペット栄養管理士認定試験に合格し、日本ペット栄養学会の会員とり、管理士名簿に登録することが必要となる。

また、ペット栄養管理士認定試験の受験資格は、
ペット栄養士管理士養成講習会において、すべての教程を終了したもの。
大学において、獣医学・畜産学(応用動物学・資源動物学・動物生産学・応用生命科学・応用生物科学・生物機能科学・生物資源科学等)・農芸化学のいずれの過程を修めたもの。
前各号と同等、もしくはそれ以上の資格を有すると認定されたもの。
となっている。

このペット栄養士養成講習会では、
ペットフード総論。
ペット基礎栄養学。
ペット臨床栄養学(衛生学)。
などを学びます。
ただ、講習会の開催場所は、現在東京のみとなっているそうだ。

民間の資格だが、ペットを取り扱う業者の方や、トリマーさん。また、大切な家族の一員であるペットの健康を守るためにと一般の方も受験されているようだ。


肥満症や高血圧、高脂血症などの生活習慣病は、それぞれが別の病気ではあるが、その原因となるものが内臓に志望が蓄積した肥満であることがわかってきました。

メタボリックシンドロームとはこのような内臓脂肪型肥満によって、様々な病気が引き起こされやすくなった状態をいいる。

メタボリックシンドロームは生活習慣が密接に関係した病気ばかりだ。

そのために起こりやすい病気でもあるが、裏返してみると、ちょっとしたことをきっかけに改善しやすいという面もある。

メタボリックシンドロームで一番重要なのは内臓脂肪を減らすことだ。
そのためには栄養的にバランスの取れた食事をとることや運動をするなど、生活習慣を管理・改善することだ。

バランスの取れた食事とは、高カロリー食品を避け、肉や揚げ物より魚を中心とし、野菜・豆類・海藻類を進んで摂取し、塩分を控えめに、お酒の量はなるべく減らすことといった程度で、それほど難しいことではありません。
しかし、油断していると病気が進行し、厳しい栄養管理が必要となるといったことも起きるかもしれない。
一度、細かな内容については、病院へ行った際に医師や管理栄養士に相談してみると良いかもしれない。

運動についても、無理をしてジムに通うなどしても、長続きしないものだ。
それより、いつもより一駅長く歩くとか、電車やバスで座らないといった、身近なことからはじめ、続けていくことが大切だ。

栄養バランスの取れた食事と簡単な運動を取り入れるだけで、内臓脂肪は減ります。
生活習慣に密着した病気だからこそ、その生活習慣を見直して、健康な身体を手に入れたいものだ。

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。