プロフィール

paiff

Author:paiff
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院勤務の栄養士は、栄養指導業務、献立業務、食数管理、衛生管理などが主な仕事となる。

栄養指導業務は実際に患者さんに対し、病状や検査の数値に応じて、栄養アセスメントを作成し、指導する。

献立業務については、献立の作成や発注が主な仕事となる。
ただ、献立作成といっても、病院だから、一般食以外にエネルギー制限食、減塩食、脂肪制限食、たんぱく制限食、高たんぱく食などの治療食や、全粥食、流動食などといった患者さんの食べられる能力に応じた食事など、実にたくさんの種類の献立を立てなければなりません。

実に膨大な仕事内容だので、何人もの栄養士を置き、それぞれが専門の仕事を行っているところも多いようだ。
最近では給食受託会社のへの委託が進んでいるので、病院側の栄養士は栄養指導を主な仕事とし、受託会社の栄養士は給食管理を主な仕事とするといったような方法をとっているところも多くなっているようだ。

病院の栄養士として、患者さんの健康回復のために役立ちたいと考えているのであれば、日々変化する食品事情や病気に関する知識が必要となる。

また、NST(栄養サポートチーム)をつくり、活動している病院も増えてきている。
NSTでの管理栄養士の役割は、栄養アセスメント、必要栄養量の算出、経腸栄養剤、補助食品の提案、栄養指導などがあげられる。

NSTに代表されるように、食生活の多様化により、以前に比べると、栄養士に求められるものがより高度になってきているようだ。
栄養士としてやっていくのであれば、それに負けないよう、日々の努力が重要となるのではないでしょうか。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2007/09/29 | 国家資格-辞典 | 栄養士栄養士(えいようし、英語|英Dietitian)は、栄養士法(1947年|昭和22年12月29日法律第245号)に定められる資格である。「栄養士」の名称を用いて栄養の指導に従事することを業とする者で、厚生労働省|厚生労働大臣の指定した栄養士の養成施設において2年以上栄養士と

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。