プロフィール

paiff

Author:paiff
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、適切な栄養管理はどの治療においても基本となり、栄養状態が悪ければ、どんな治療を行っても効果をことができないという目的で、NST(栄養サポートチーム)を発足させる病院が増えてきている。

NSTの役割は、
栄養アセスメントを行い、栄養管理が必要かどうかを判定する。
適切な栄養管理が行われているかをチェックする。
もっともふさわしい、栄養管理法を指導・提言する。
栄養管理に伴う合併症の予防、早期発見、治療を行う。
栄養管理上の疑問に答える。
早期発見や社会復帰をたすけ、生活の質を向上させる。
新しい知識、技術の紹介や啓発をする。
などとなる。

その中における管理栄養士の役割分担は、
担当病棟のモニタリング・症例のアセスメント。
栄養評価・喫食状況に基づいた栄養療法の提言・問題点の抽出。
栄養療法に伴う合併症の早期発見・予防。
患者・家族への栄養食事指導・疑問点への回答。
栄養療法関連食品の情報提供。
となる。

NSTの対象となる患者さんは病院によって異なるようだが、いずれにしても管理栄養士として、かなり能力が問われる仕事内容ではないでしょうか。

栄養士法の改定により、管理栄養士の指導などの業務を、「傷病者に対する療養のために必要な栄養の指導」、「個人の身体状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導」、「特定多数人に対して継続的に食事を提供する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等」と明文化された。

管理栄養士がとして働く以上、保健・医療・福祉サービスの担い手として活動するには、高度な専門知識・技術を持った、資質の高さが必要となってきていることが、このNSTにおける役割を見ることでも、良くわかる。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。