プロフィール

paiff

Author:paiff
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校栄養士とは正式に学校栄養職員といいる。

学校栄養士の仕事は大きく分けて二つある。

一つ目は献立に関する仕事だ。
栄養所要量を考慮しながら実施する献立を作成する。
そして、その献立に基づいて、食材の発注をし、調理員さんへ調理法の指示を行いる。

さらに、調味料の在庫管理や納品伝票の整理、帳簿作成、請求書処理、給食費の納入状況の把握など、献立は立てるだけ十も我勝ちかもしれないが、細かい仕事がたくさんある。

二つ目は栄養教育だ。
実際に教室を回り、栄養についてのいろいろな講義をすることもあるが、その他にも、給食便りなどの発行物や、掲示物の作成、先生向けへの資料の作成などを行いる。

子供たちの素直な反応が返ってくる分、やりがいの大きい仕事ではあるが、その仕事内容は多岐に渡っている。

2005年度から栄養教諭という資格もできました。
栄養教諭とは、児童・生徒の栄養の指導および管理をつかさどる、教員免許状の栄養教諭普通免許状を有す人を指する。
栄養教諭になるためには、栄養士や管理栄養士の資格が必要となる。

この資格は実施されたばかりだので、まだまだ認知度も低く、実際の配置数も少ないようだが、子供たちが将来にわたって健康に生活できるよう、学校給食を活用して栄養や食事に関する指導・教育をしていくという大きな期待が込められている。

学校栄養士にしろ、栄養教諭にしろ、これからの世代を担う子供たちに、直接栄養指導する立場だので、やりがいのある仕事といえるだろう。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。