プロフィール

paiff

Author:paiff
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理栄養士とは「「傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導」や「個人の身体状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識および技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導」等を行う者として位置づけられている。

管理栄養士になるために一番確実な方法は、管理栄養士養成施設を卒業して国家試験を受ける方法だ。
管理栄養士養成施設には4年制大学、もしくは4年制専門学校の管理栄養士課程があり、これらを卒業すると、実務経験を積まなくても、卒業と同時に管理栄養士国家試験受験資格を得ることがでくる。

管理栄養士養成施設を卒業する以外の方法だと、まず栄養士の資格を取得することが必要になる。
栄養士の資格を取得した後は、各栄養士養成施設の修業年限によって設けられた一定期間の実務経験を経て、管理栄養士国家試験の受験資格を得るということになる。

管理栄養士国家試験は非常に狭き門といわれている。
毎年2万人以上の栄養士がこの管理栄養士国家試験を受けているが、合格率は15~20%程度だとされている。
食生活が豊かになった反面、生活習慣病など、食生活が原因で健康を損なう人も少なくないため、管理栄養士に求められることが多くなっているためだと思われます。

最近では医療の現場においてもNST(栄養サポートチーム)が作られるなど、管理栄養士が求められるところが多く、栄養士のままで活躍できる場は多くはありません。
献立の作成よりも、栄養指導が行いたいと思うのであれば、管理栄養士の資格は必須だといっても過言ではないというほどだ。

難しい試験ではあるが、管理栄養士が求められている現場では、それだけの知識が無ければ、勤まらないということでもあると思う。
人々の栄養環境を整える専門家として活躍していくためにも、是非管理栄養士国家試験に合格できるよう、がんばってください。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。