プロフィール

paiff

Author:paiff
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

褥瘡の予防


褥瘡(じょくそう)は床ずれともいい、介護を困難とする大きな要因となっている。

そもそも褥瘡は血行障害によっておくる。

健康な人はどんなに熟睡していても、体重で皮膚の血流が途絶えたら、無意識に寝返りをうち、血行障害を起こすことはありません。

しかし、皮膚の知覚障害があったり、麻痺などで自由に身体を動かすことができずに、長時間(2時間以上)同じ体勢でいると、血流が途絶える状態と鳴り、皮膚が壊されてしまいる。


褥瘡の症状としてはまず、圧迫された部分が赤くなってはれます。後にそれが水ぶくれ、びらん、潰瘍、または乾性壊死などがでくる。
壊死が筋肉や腱、骨にまで及ぶと、これらが露出することもある

褥瘡はできてしまうと処置が大変だので、予防的な介護がもっとも重要となってます。

褥瘡の予防と管理において、最も基本的な対策は皮膚の圧迫を避けることだ。
体位交換は2時間を目安に行い、エアマットやスポンジパットなどの除圧用具などを用いると良いだろう。

また、衛生管理も必要だ。皮膚を清潔にし、乾燥した状態を維持することも大切だ。布ずれにも十分な注意が必要だ。

最後になったが、栄養管理も大切だ。
栄養状態が良くないと、低栄養状態によってやせてしまったり、組織の耐久性が低下してしまったり、免疫力が低下してしまったりする。
十分なエネルギーやたんぱく質、ビタミン、微量元素の補給で基礎体力から向上させ、褥瘡を未然に防いでいきたいものだ。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。