プロフィール

paiff

Author:paiff
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福祉施設は大きく「児童福祉施設」と「社会福祉施設」に分けられている。

児童福祉施設児童が対象となる施設で、保育園、乳児院、児童養護施設、知的障害児施設、肢体不自由児施設、児童自立支援施設などのことを指する。

社会福祉施設とは成人が対象者となる施設で、老人福祉施設、身体障害者援護施設などのことを指する。

高齢化社会が急速に進んでいる現在、とくに社会福祉施設での栄養士の需要は高くなっていくのではないかと思われます。

社会福祉施設における栄養士の仕事は、献立の作成、食材の発注、調理員に対する栄養に関する知識の向上などの指導、給食施設の衛生管理、さらには個々の利用者の状態に応じた献立作成、栄養指導などが主な内容となってくる。

社会福祉の場合、利用者のほとんどは高齢者だから、様々な疾患を抱えていることが多くなる。
また、食事を取るという能力自体が衰えてきていることも多くなってくる。
そのため食事の種類も、エネルギー制限食、減塩食、脂肪制限食、たんぱく制限食、高たんぱく食などの治療食や、きざみ食、流動食といった食べる能力に合わせた食事など、多くの献立を立てる必要がある。

ただ、高齢者を対象とした福祉施設においては、栄養管理に関することもちろん大事なのだが、高齢者が食事を楽しめるということに重点を置かなければならず、その兼ね合いが難しいそうだ。

また、健康増進法では、「特定給食施設であって、特別の栄養管理が必要なものとして厚生労働省令で定めるところにより都道府県知事が指定する施設」の設置者は、当該特定給食施設に管理栄養士を置かなければならないことを定めているので、栄養士よりも、管理栄養士が求められる職場でもあるようだ。

スポンサーサイト

NSTとは


NSTとは「Nutrition Support Team」の頭文字の略で、栄養サポートチームのことをさする。

NSTは、栄養管理をする医師、患者さんの一番身近にいて、その状態を把握している看護師、食事の必要量や摂取量を評価し、調節提供する管理栄養士、薬の管理をする薬剤師など、各専門のスタッフがそれぞれの知識や技術を出し合い、低栄養など栄養管理が必要な患者さんにもっとも良い方法で栄養支援をするチームのことだ。

NSTの役割は、
栄養アセスメントを行い、栄養管理が必要かどうかを判定する。
適切な栄養管理が行われているかをチェックする。
もっともふさわしい、栄養管理法を指導・提言する。
栄養管理に伴う合併症の予防、早期発見、治療を行う。
栄養管理上の疑問に答える。
早期発見や社会復帰をたすけ、生活の質を向上させる。
新しい知識、技術の紹介や啓発をする。
などとなる。

このNST。発祥元のアメリカでは既に総合病院の半数以上に設立されております。
日本でも、ここ数年、栄養管理の重要性が認識されるようになり、全国の医療施設で次々と立ち上がってきてくるようになった。

適切な栄養管理が行われていなければ、いくらきちんとした治療がなされていても、回復が遅れてしまいる。

実際に、NSTを設立している施設からは、
回復が早くなり、入院期間が短縮できた。
感染症の併発が減少した。
などといった成果が報告されているようだ。


今後、診療報酬の面でもNST加算の新設が予見されているそうだ。
病院選びの一つの基準となってくるかもしれない。


最近、適切な栄養管理はどの治療においても基本となり、栄養状態が悪ければ、どんな治療を行っても効果をことができないという目的で、NST(栄養サポートチーム)を発足させる病院が増えてきている。

NSTの役割は、
栄養アセスメントを行い、栄養管理が必要かどうかを判定する。
適切な栄養管理が行われているかをチェックする。
もっともふさわしい、栄養管理法を指導・提言する。
栄養管理に伴う合併症の予防、早期発見、治療を行う。
栄養管理上の疑問に答える。
早期発見や社会復帰をたすけ、生活の質を向上させる。
新しい知識、技術の紹介や啓発をする。
などとなる。

その中における管理栄養士の役割分担は、
担当病棟のモニタリング・症例のアセスメント。
栄養評価・喫食状況に基づいた栄養療法の提言・問題点の抽出。
栄養療法に伴う合併症の早期発見・予防。
患者・家族への栄養食事指導・疑問点への回答。
栄養療法関連食品の情報提供。
となる。

NSTの対象となる患者さんは病院によって異なるようだが、いずれにしても管理栄養士として、かなり能力が問われる仕事内容ではないでしょうか。

栄養士法の改定により、管理栄養士の指導などの業務を、「傷病者に対する療養のために必要な栄養の指導」、「個人の身体状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導」、「特定多数人に対して継続的に食事を提供する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等」と明文化された。

管理栄養士がとして働く以上、保健・医療・福祉サービスの担い手として活動するには、高度な専門知識・技術を持った、資質の高さが必要となってきていることが、このNSTにおける役割を見ることでも、良くわかる。

PEGとは


PEGとは、Percutaneous(経皮)Endoscopic(内視鏡)Gastrostomy(胃瘻造設術)の頭文字をとった医療専門用語で、口から食事の取れない方や、飲み込むことができない方などのために、カテーテルを通して直接胃から栄養が取れるようする手術のことだ。

PEGは、鼻から胃へチューブを挿入して栄養を補給する鼻腔栄養や、高カロリーの点滴を24時間連続で行う中心静脈栄養に比べ、安定した栄養管理が可能と言われている。

手術は局所麻酔のもとで行い、所要時間も約10分~15分と短時間で行うことができますし、不要となれば穴を塞ぐこともでくる。

患者さんの苦痛も少なく、操作もとても簡単なので、在宅でも栄養管理ができ、介護者への負担が少ないというメリットもある。

また、PEGを使用したからといって、口から食事をとることができないというわけでもありません。
PEGから十分な栄養をとり、飲み込むことが許可されている食べ物のみ、口から摂取するということもできるそうだ。

栄養管理の面から見ても、PEGに使用される栄養剤は体に必要な栄養素がバランスよく配合されている流動食だので、とても優れており、患者さんの栄養状態を改善してくれることが多いようだ。

PEGも含め、さまざまな栄養摂取方法があるので、患者さん自身や介護をされる方、そして何より専門職の方と何でも話し合い、患者さん自身にあった栄養摂取方法を探していく事が大切だと思う。


「スポーツ栄養士」という特別な資格があるわけではないのだが、スポーツの現場で栄養サポートをおこう管理栄養士や栄養士のことをスポーツ栄養士といいる。

多くの一流のアスリートはたくさんのサポートスタッフの協力の下、日々トレーニングを行っている。
栄養面でのサポートももちろん重要で、プロ野球選手、プロサッカー選手、競輪選手など、専門のスタッフがついている場合も少なくありません。

スポーツ栄養士の仕事もいろいろあるが、主な仕事の内容は、選手の栄養管理だ。
選手の生活スタイルやコンディションを把握した上で、最適な献立を提供したり、選手や指導者にスポーツ栄養の知識を普及したりしている。

一流のアスリートと直接触れ合える仕事だから、憧れる人も少なくないでしょうが、実際にスポーツ栄養士となるのは、狭き門のようだ。

実際にスポーツの現場でも栄養に関する専門家は必要とされている。
しかし、明確な「スポーツ栄養士」としての資格があるわけではないので、本人の資質に問われる部分が大きいのではないでしょうか。

スポーツ栄養士を目指すのであれば、栄養士の資格しかないのであれば、まず管理栄養士の資格を取得し、何を聞かれても大丈夫と自信を持って答えられるくらいの知識を身につける必要があると思う。

最近では、スポーツ栄養士を目指す人のための講習会なども開かれているようだので、そういった場を積極的に利用し、自身の知識を蓄えていくのが、一番の近道だと思う。


ダイエット中の栄養管理は、普段の食生活よりも一層気を使うものだ。

痩せるという行為だけを見ると、1日の消費カロリーが摂取カロリーを上回ればよいだけだので、極端な食事制限により、痩せることもでくる。

ただ、食事制限ばかりで体重を落としてしまうと、人間の身体の中にある本能が働き、少ないエネルギー摂取でも適応できるようになってしまいる。

ダイエット中の一日の摂取カロリーは基礎代謝を下回らない範囲で、目標体重×25~30kcal程度が目安となるそうだ。

自分の必要と知るカロリーがわかると、改めて栄養管理について考えなくてはなりません。
それは摂取する食事量を減らすということは、体に必要な栄養素の摂取量も減るということだからだ。

特にたんぱく質は、筋肉や血液、髪、骨など体を作るもとのなっているものだ。
ダイエット中だから野菜しか食べない!などとしてしまうと、たんぱく質も不足してしまいる。

脂分だって、体には必要だ。人間の体の中では作り出すことのできない、必須脂肪酸については、食物から摂取しなければなりません。

肉断ちや魚断ちを強要される単品ダイエットは、こういう点に関しての配慮がされていないので、体によくないダイエット法だと評価されてしまうようだ。


ダイエットは一生ものだとも言いる。
きちんとした食生活によって、せっかく体重を減らしたなら、その体重を今度は維持していきたいだ。
また、乱れた食生活を送っていると、メタボリックシンドロームなどを引き起こす可能性が高くなる。

ヘルシーでもバランスの取れた食生活を心がけ、健康的な体重管理を続けて生きたいものだ。


近年、ペット産業がものすごい勢いで発展していくとともに、動物に関する資格も実に多様になった。

獣医師など、一般の人にはなかなか難しい資格ばかりでなく、動物看護士、トリマー、家庭動物販売士、愛玩動物飼養管理士、ペット栄養管理士、ペット温灸士、ドッグライフカウンセラー、認定ペットシッター、ドッグライフアドバイザーペットアロマセラピストなど、ペットの生態系や栄養管理、また、病気に関することなど、実に多岐に渡った資格がある。

また、動物看護士のように、同じことを目的としていても、民間の資格であるために、それぞれが独自に認定証を発行しているものもある。

獣医師を除いて、ほとんどが民間の資格ではあるので、ペットに携わる仕事をするうえで、必ず必要というわけではありません。
しかし、講習を受け、試験に合格しなければ取得できない資格もたくさんあるので、知識は一般の人とは比べ物にならないと思う。


ペットを健康的に、長生きさせたいと思うのは、飼い主なら当然のことだと思う。

栄養管理や病気についてなどであれば、ペット産業にかかわる仕事をしていなくても、勉強しておきたいもの。
多少費用はかかりますが、これらの資格を取得しようとするのであれば、専門的に、そして効率的勉強することがでくる。

資料については、本やネット上にたくさんある。
勉強する内容や受験方法、費用、取得にかかる時間など、事細かに解説してくださっているサイトも数多くあるので、興味があるものについて調べ、挑戦してみるのも良いかもしれない。


ペットと人間は同じものを食べることができません。

人間にとって、バランスの取れた食事であっても、ペットにしてみれば栄養のバランスは良くありません。
考えてみれば、元々が肉食である犬や猫と、雑食である人間が同じ栄養素を必要としているとは、思えません。

とにかく、人間とペットは必要な栄養素も異なるし、人間は食べることができても、ペットが食べてしまうと、中毒を起こしてしまい、最悪の場合、死にいたってしまう食べ物もある。

一昔前なら、犬や猫のご飯なんて、人間の残り物やご飯にお味噌汁をかけたものがほとんどだったと思う。
家族の一員としてかわいがっていても、ペットの健康管理について、きちんと考えている家庭なんて、少なかっただろう。

しかし、人間の生活にゆとりが出てきたためか、現在ペットを飼われている家庭の多くが、ペットに人間の残った食事を与えているなんてことをしていないだろう。
ペットにはペットにふさわしい、専用の食事を与えることが当たり前となっている。

そんな中、ペットにはどんな食事を与えるか、悩まれる方が多いのではないでしょうか。

一番手軽にペットの栄養管理ができる食事がペットフードだ。
ペットにとって必要な栄養素がバランスよく配合されているからだ。
ペットフードのパッケージに書いてある目安料を基準に、ペットの体調や体系を考慮して調整してあげることによって、手軽に栄養管理をすることがでくる。

ホームセンターなどに行けば、たくさんの種類のペットフードが売っているので、ペットの嗜好にあわせてあげることもでくる。

また、中にはプレミアムフードと呼ばれる、素材にこだわりを持ち、栄養面にも優れたフードが出ているので、どれを与えると良いのか、悩んでしまいる。

雑誌やネット上にはペットの食事に関する情報もたくさんある。
その中から、自分がこれだと思うものを選び出して上げてください。
せっかくペットを飼ったのだから、健康に長生きしてもらいたいだから。


ペットの人気が高まっている最近では、そのペットに関する資格もたくさん増えている。

獣医師などの国家資格以外にも、トリマー、家庭犬トレーニングインストラクター、ペット販売士、ペット栄養管理士、小動物看護士、ペット繁殖指導員など、その目的に応じて様々な資格がある。

その中の一つ、ペット栄養管理士とはその名のとおり、ペットの栄養に関する知識の普及と指導に必要な人材を育成し、ペットの健康向上を図り、もって動物の愛度に寄与するという目的で、2002年5月に設けられました。

ペット栄養管理士の資格を取得するためには、ペット栄養管理士認定試験に合格し、日本ペット栄養学会の会員とり、管理士名簿に登録することが必要となる。

また、ペット栄養管理士認定試験の受験資格は、
ペット栄養士管理士養成講習会において、すべての教程を終了したもの。
大学において、獣医学・畜産学(応用動物学・資源動物学・動物生産学・応用生命科学・応用生物科学・生物機能科学・生物資源科学等)・農芸化学のいずれの過程を修めたもの。
前各号と同等、もしくはそれ以上の資格を有すると認定されたもの。
となっている。

このペット栄養士養成講習会では、
ペットフード総論。
ペット基礎栄養学。
ペット臨床栄養学(衛生学)。
などを学びます。
ただ、講習会の開催場所は、現在東京のみとなっているそうだ。

民間の資格だが、ペットを取り扱う業者の方や、トリマーさん。また、大切な家族の一員であるペットの健康を守るためにと一般の方も受験されているようだ。


肥満症や高血圧、高脂血症などの生活習慣病は、それぞれが別の病気ではあるが、その原因となるものが内臓に志望が蓄積した肥満であることがわかってきました。

メタボリックシンドロームとはこのような内臓脂肪型肥満によって、様々な病気が引き起こされやすくなった状態をいいる。

メタボリックシンドロームは生活習慣が密接に関係した病気ばかりだ。

そのために起こりやすい病気でもあるが、裏返してみると、ちょっとしたことをきっかけに改善しやすいという面もある。

メタボリックシンドロームで一番重要なのは内臓脂肪を減らすことだ。
そのためには栄養的にバランスの取れた食事をとることや運動をするなど、生活習慣を管理・改善することだ。

バランスの取れた食事とは、高カロリー食品を避け、肉や揚げ物より魚を中心とし、野菜・豆類・海藻類を進んで摂取し、塩分を控えめに、お酒の量はなるべく減らすことといった程度で、それほど難しいことではありません。
しかし、油断していると病気が進行し、厳しい栄養管理が必要となるといったことも起きるかもしれない。
一度、細かな内容については、病院へ行った際に医師や管理栄養士に相談してみると良いかもしれない。

運動についても、無理をしてジムに通うなどしても、長続きしないものだ。
それより、いつもより一駅長く歩くとか、電車やバスで座らないといった、身近なことからはじめ、続けていくことが大切だ。

栄養バランスの取れた食事と簡単な運動を取り入れるだけで、内臓脂肪は減ります。
生活習慣に密着した病気だからこそ、その生活習慣を見直して、健康な身体を手に入れたいものだ。

愛犬の食事


愛犬の食事。

一昔前なら、犬のご飯なんて、人間の残り物やご飯にお味噌汁をかけたもので良いと、それらを与えている方がほとんどだったと思う。

しかし、人間向けの食事は犬にしてみれば塩分が多すぎますし、味噌汁に良く入っているネギなんて、中毒の原因だらあるので、今はそのような食事を与えていらっしゃる方は少ないだろう。

愛犬の栄養管理を真剣に検討すればするほど、その種類の多さに更に悩んでしまいる。

ドックフードも実に多様な種類がある。
成長段階にあわせたものばかりでなく、健康面で気になる部分を改善させるためのもの、また、犬の嗜好にあわせるためのものなど、ホームセンターに行けば、棚を埋め尽くすドックフードの種類に、どれを選んでいいか迷う方がいるのもうなずけます。

また、ドックフードが嫌いな犬もいるから、そういった場合は手作り食としなければなりません。

皆さんは、どうやってフードを選んでいらっしゃいるか?

犬専門の雑誌も権種別にあるし、インターネット上にも、実にたくさんの情報がある。

更に、本やネットという媒体のみならず、犬のための食事セミナーなどというのも、各地でたくさん開かれているようだ。
このセミナーも主催される方によって、犬の栄養管理のことばかりでなく、しつけなどについてサポートしてくれるセミナーなど、種類が豊富だ。

また、最近ではペット栄養管理士という資格も出てきたようで、ペット事業に従事する人ばかりでなく、一般の方も多く受験し勉強されているようだ。

せっかく家族として迎え入れた愛犬だから、健康で長生きしてもらいたいものだ
そのためにはたくさんの情報から、自分や愛犬にあったものを選び出すことが重要となってくるのだろう。


適切な栄養管理をするためには、栄養アセスメントが必要となる。

栄養アセスメントとは身体計測・生化学検査・臨床検査・食事摂取状況から得たデータに基づいて、栄養状態を評価することだ。

これまでは、病院での栄養障害の判定を主体に行われていたが、最近では、栄養・食生活などが、生活習慣病と深く関係することが認識されるようになった。
そのため、生活習慣病の予防や健康増進の手段としても栄養アセスメントは重要視されるようになって来ました。

また、病院などの医療の現場においても、NST(栄養サポートチーム)が発足されるようになり、、栄養管理の重要性が広く認識されるようになったので、それに伴って、栄養アセスメントの必要性も再認識されるようになった。

社会福祉の現場においても、2005年10月に介護保険制度が改正され、介護施設では介護予防に重点を置いた、管理栄養士による栄養アセスメントと栄養プランニングが要求されるようになっており、ますます栄養アセスメントは重要となってきている。

栄養アセスメントにより、正確に栄養状態を判定することによって、低栄養者なら適切な栄養補給が行われねばなりません。
逆に、過剰栄養者たとえば肥満なら肥満度、合併症の有無などから適切な栄養指導が必要となる。

病院や社会福祉施設で栄養士として働くのであれば、栄養アセスメントを行うということは避けて通れません。
身体検査の方法、臨床検査データの読み方など、基礎からきっちりと学びたいものだ。


平成18年度の診療報酬改定に際し、入院時食事療養費の基本方針が「患者側から見てわかりやすく納得できる、しかも入院生活の質を高める医療とサービスの実現を目指す内容」と打ち立てられました。

今回の変更は、栄養管理の重要性が認められられるようになったとも受け取れます。
特別管理加算の廃止に代わる栄養管理実施加算の新設。
栄養指導料の拡大。
などは特に、栄養士の技量が重要視される変更点ではないでしょうか。

この新設された栄養管理実施加算は、
・常勤の管理栄養士が1名以上配置されていること。
・入院患者ごとに栄養状態の評価を行い、医師や栄養士、その他医療従事者が共同して、栄養管理計画を作成していること。
・当該栄養管理計画に基づいて、入院患者ごとの栄養管理を行うとともに、その栄養状態を定期的に記録していること。
・当該栄養管理計画に基づいて、患者の栄養状態を定期的に評価し、必要に応じてはその見直しをしていること。
という条件を満たした場合にのみ、1日12点の診療報酬が加算されます。

栄養管理実施加算を取るためにはあまりにも書類が多く、栄養士本来の仕事を妨げることにもなりかねないと危惧する声もあるようだが、はじめて管理栄養士の技能に対して、保険点数がついたという考え方もでくる。

管理栄養士が医療チームのメンバーとして活躍するためには、今まで以上に高度な知識や技術が必要となってくる。
きちんとした栄養アセスメントに基づいた、栄養ケアプランが作れるよう、この機会に努力していきたいものだ。


糖尿病や肥満症など、カロリー制限が必要な病気に限らず、ダイエットをする場合なども、自分がどれだけのカロリーを日々摂取しているのか、気になる。

最近では、カロリーについて表示している食品も多くあるが、自分で調理する場合などの素材にはカロリー表示がありません。

管理栄養士の資格でも持っているというのであれば、ある程度の栄養価について、調べなくてもわかるかもしれないが、一般の人になかなかできることではありません。

食品成分表などで調べることもできますが、あの分厚い本の中から、該当する食品を調べだし、計算をするのはかなり骨が折れる作業だ。

そんな時に便利なのが栄養計算ソフトだ。

インターネット上にはフリーの栄養計算ソフトもあるし、成分表などの本に添付されている場合もある。

フリーのソフトといっても、体重や身長から基礎代謝量の目安を提示してくれるものもあるので、体重の管理をしたいという場合には便利だ。

栄養計算なんてめんどくさいなぁ・・・と思うかもしれないが、健康的に長生きする場合にはバランスの取れた食事が必要だ。
また、ダイエットする場合においては特に、普段よりも食品の摂取量が減ることが多いだので、尚更、バランスの取れた食事を心がけないといけません。
減量には成功したものの、肌がぼろぼろになってしまっただとか、貧血になってしまったということになっては、もったいないだから。

是非一度、一日に食べたものを全て計算してみると、自分の食習慣の欠点なども知ることができますので、チャレンジしてみるとよいのではないでしょうか。


栄養士は、食について専門的な知識を持ち、人々の健康維持のサポートをするの職業だ。

主に栄養士の仕事には「給食管理」と「栄養指導」がある。

栄養士になろうと思った場合、栄養士免許は独学で取得することはできません。
高校を卒業後、国が指定した養成施設を卒業することが必要になる。

栄養士になるためのカリキュラムは、非常に大変なもので、短期大学で資格を取得しようとした場合、必修科目も多いので、大学にありがちな空き時間というものはほとんどありません。
また、長期休暇時も実習のためつぶれてしまうことがほとんどだそうだ。
そのため、養成施設には夜間通えるものや通信教育制度はありませんので、社会人から栄養士になろうと志す人は、勤め先を辞めて養成施設に入ることが必要となる。

養成施設は2年制(3年制)の短期大学や専門学校、または4年生の大学となり、これらの学校を卒業し、所定の課程を修了すれば自動的に栄養士免許を取得でくる。

ただ、栄養士の資格を取得できても、実際に栄養士として働ける人は半数以下となる学校が多いようだ。

それは、現場が管理栄養士を求めているということでもある。

栄養士養成施設を卒業した後に、管理栄養士の資格を取得しようとした場合、受験資格を得るために実務経験をつむか、管理栄養士養成施設への編入をするといった方法がある。

食のスペシャリストとしてやりがいがある仕事ではあるが、実際に栄養士になろうと思うと、かなりの時間や労力が必要となるようだ。

栄養士の仕事


栄養士や管理栄養士の就職先は様々な場所がある。

病院、学校、産業給食施設、健康保険組合、福祉施設、保健所や保健センター、研究機関や教育機関など、食に関する専門家として、いろいろな場所で必要とされているようだ。

栄養士といえば献立の作成が主な仕事と思われる方が覆うと思うが、給食業務のない現場でも栄養士や管理栄養士は必要とされている。

例えば、保健所や保健センターの栄養士は、都道府県や市町村単位で、保健・医療・福祉を一体化し地域に住む住民への保健サービスを展開するための仕事をしている。

地域の人々の健康に関する問題点を調べ、「健康日本21」を軸に望ましいケアプランを作り実践にむけて支援、評価するというような内容になるので、プランナー・コーディネイターとしての立場で仕事をすることが多いようだ。


そのほかに、食品メーカーなどで働く栄養士や管理栄養士もいる。

栄養士は食に関する専門家だから、食品に関連するあらゆる業界で広範囲な仕事をすることがでくる。
食品メーカーはもとより、調理器具のメーカー、製薬会社、食品生産者や加工業の団体、スーパー、デパート、外食産業などで新商品や新メニューの開発、顧客対象の栄養相談や指導、食品衛生のインストラクターなどあらゆる仕事で活躍している。

また、研究機関や大学、企業の研究室で調査や実験、品質管理、商品開発などの仕事をしたりする仕事もある。

一口に栄養士といってもその仕事は、実に多岐に渡るようだ。


学校栄養士とは正式に学校栄養職員といいる。

学校栄養士の仕事は大きく分けて二つある。

一つ目は献立に関する仕事だ。
栄養所要量を考慮しながら実施する献立を作成する。
そして、その献立に基づいて、食材の発注をし、調理員さんへ調理法の指示を行いる。

さらに、調味料の在庫管理や納品伝票の整理、帳簿作成、請求書処理、給食費の納入状況の把握など、献立は立てるだけ十も我勝ちかもしれないが、細かい仕事がたくさんある。

二つ目は栄養教育だ。
実際に教室を回り、栄養についてのいろいろな講義をすることもあるが、その他にも、給食便りなどの発行物や、掲示物の作成、先生向けへの資料の作成などを行いる。

子供たちの素直な反応が返ってくる分、やりがいの大きい仕事ではあるが、その仕事内容は多岐に渡っている。

2005年度から栄養教諭という資格もできました。
栄養教諭とは、児童・生徒の栄養の指導および管理をつかさどる、教員免許状の栄養教諭普通免許状を有す人を指する。
栄養教諭になるためには、栄養士や管理栄養士の資格が必要となる。

この資格は実施されたばかりだので、まだまだ認知度も低く、実際の配置数も少ないようだが、子供たちが将来にわたって健康に生活できるよう、学校給食を活用して栄養や食事に関する指導・教育をしていくという大きな期待が込められている。

学校栄養士にしろ、栄養教諭にしろ、これからの世代を担う子供たちに、直接栄養指導する立場だので、やりがいのある仕事といえるだろう。


管理栄養士とは「「傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導」や「個人の身体状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識および技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導」等を行う者として位置づけられている。

管理栄養士になるために一番確実な方法は、管理栄養士養成施設を卒業して国家試験を受ける方法だ。
管理栄養士養成施設には4年制大学、もしくは4年制専門学校の管理栄養士課程があり、これらを卒業すると、実務経験を積まなくても、卒業と同時に管理栄養士国家試験受験資格を得ることがでくる。

管理栄養士養成施設を卒業する以外の方法だと、まず栄養士の資格を取得することが必要になる。
栄養士の資格を取得した後は、各栄養士養成施設の修業年限によって設けられた一定期間の実務経験を経て、管理栄養士国家試験の受験資格を得るということになる。

管理栄養士国家試験は非常に狭き門といわれている。
毎年2万人以上の栄養士がこの管理栄養士国家試験を受けているが、合格率は15~20%程度だとされている。
食生活が豊かになった反面、生活習慣病など、食生活が原因で健康を損なう人も少なくないため、管理栄養士に求められることが多くなっているためだと思われます。

最近では医療の現場においてもNST(栄養サポートチーム)が作られるなど、管理栄養士が求められるところが多く、栄養士のままで活躍できる場は多くはありません。
献立の作成よりも、栄養指導が行いたいと思うのであれば、管理栄養士の資格は必須だといっても過言ではないというほどだ。

難しい試験ではあるが、管理栄養士が求められている現場では、それだけの知識が無ければ、勤まらないということでもあると思う。
人々の栄養環境を整える専門家として活躍していくためにも、是非管理栄養士国家試験に合格できるよう、がんばってください。


ダイエットのためだとか、病気によって栄養管理の必要性に迫られたとか、いろいろと理由はあるでしょうが、実際に栄養計算をしてみようと考えた場合、どうしていいのかわからない人も多くいらっしゃると思う。

もっとも基本的な方法は、食品成分表から目的の食材を探し出し、食べた量を元に計算をするというやり方だが、一般に売られている食品成分表はとても分厚いもので、目的の食材を探し出すだけでも一苦労だ。

しかも、全ての栄養素について計算したいと思えば、その探し出した一つの項目に対して、十数個の項目を計算しなければなりません。
食べた食材が1種類のみ、なんてことはありませんから、その計算の手間を考えたら、うんざりする人も少なくないのではないでしょうか。

そこで、おススメなのが栄養計算ソフトだ。
栄養計算ソフトを用いれば、使用した食品を選び出し、分量を入力するだけで、カロリーからビタミン、ミネラルにいたるまで、一度に計算してくれる。

実際に現場で働く栄養士さんたちも、栄養計算ソフトを用いて、栄養管理を行っていることのほうが多いくらいだ。

専門的な分野のソフトだので、買おうと思えば、意外に高価だったりもするが、最近では、フリーのものも増えている。

フリーだからといって、機能がそれほど劣るということもありませんし、多種あるので、自分にあったものを選び出すことがでくる。

その上で機能が足りないだとか、使い勝手が悪いというのであれば、有料のソフトを購入するのもよいだろう。

栄養計算をすると、食品成分表を用いたもときより、栄養管理がかなり楽になるので、一度、フリーの栄養計算ソフトをダウンロードして、試してみると良いと思う。


健康運動指導士とは、個人の体力や生活に応じて、安全で効果的なプログラ
ムを作り、指導することを目的とした資格だ。

健康運動指導士の資格を取るには、厚生労働省認定の「健康・体力づくり事業財団」が実施する3ヶ月間(144時間)の講習を受講し、受講後に行われる認定試験に合格しなければなりません。

受講資格は、保健師または管理栄養士の資格所有者。
4年制体育系大学または、医学部保健学科の卒業・卒業見込者。
看護師、理学療法士、作業療法士または臨床検査技師の資格があり、かつ4年制大学卒業者で1年以上運動指導の経験者。
栄養士、准看護師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師又は柔道整復師の資格があり、4年制大学卒業者または、資格取得後2年以上運動指導の経験者。
体育系短期大学または、2年制の体育系専修学校の卒業者で、卒業後2年以上運動指導の経験者。
4年制大学または、1年制の体育系専修学校の卒業者で、卒業後3年以上運動指導の経験者。
5年以上運動指導の経験者。
となっております。

生活習慣病の予防においては、栄養面での管理も重要だが、適切な運動も必要になる。
どのような運動をすればいいのか、運動プログラムを作成・管理する専門家として、健康運動指導士はさまざまな場所で必要とされている。
保健所や市町村保険センター、スポーツクラブや医療施設などが主な活躍の場となっているようだが、高齢化社会に向けて、介護施設などでも需要が高まってきているそうだ。

プログラムの作成ばかりではなく、指導する体力も必要となる、大変な資格だが、その分、やりがいがある仕事もいえます。


犬の食事を手作りで作ってあげたことはあるか?

犬の健康を考えて作られる方もいらっしゃるでしょうし、犬がドックフードを食べないから仕方なくという方もいらっしゃるかもしれない。

しつけのためには毎日同じ食事を与えたほうがいいということはわかっていても、誕生日や記念日などには特別な食事を作ってあげたいということもあるかもしれない。

犬の栄養管理をきちんと行うには、細かな知識が必要となるだろう。
しかし、犬の手作り食にはとくにマニュアルのようなものは無いと思う。

ネギや玉ねぎ、チョコレートなど中毒を起こすものは与えない。
食塩は食品に含まれているNa程度で十分なので、あまり味付けはしない。
卵白は栄養の吸収を阻害するので、黄身と一緒に与えるか、加熱して与える。
といったような要点は抑える必要があるが、犬の体格などによって必要な栄養素は異なってくる。

また、犬の食事に関する情報もたくさんある。
しかし、獣医師だとか、ペット栄養管理士としてきちんとペットの栄養管理について学んだという方の情報だら、その方によって内容が多少異なっていることがある。
そのため、人間の場合ほど完璧なマニュアルがないというふうに感じてしまうということもあるだろう。

毎日、きちんとした食事を手作りで作ってあげるという場合ならともかく、今日は誕生日だからとか、調子が悪いのかドックフードを食べてくれないというのであれば、マニュアルに左右されるのではなく、鶏ささ身など高たんぱくで低カロリーな食品を中心に、その犬の嗜好にあったものを作ってあげるほうが良いのではないかとも思う。

犬を含め、ペットの栄養状況についてはまだまだ、研究途中であるとも思うので、いろいろ調べた上で、あまりかたくるし考えすぎずに、自分が納得できる範囲で、少の実践していくと良いなのではないでしょうか。
自分の作ったものを、愛犬が喜んで食べてくれるということは、とてもうれしいことだから。


糖尿病の治療の根本となるものは食事療法で、その原則は適正なエネルギー量の管理とバランスの取れた食事だ。

糖尿病は治療によって、いったん良くなったとしても、それまでの食生活を続けているとすぐに悪化してしまうので、食事療法を一生続けてしまうことが必要となる。

細かい栄養管理が必要な食事療法だと、患者さん自身がなかなか理解することもできません。
また、病院等で渡される献立を一生続けるというのであれば、我慢できなくなってしまう人も多いだろう。

そこで、難しい食事療法を医師が指導しやすく、患者さんも理解をしやすいものをと考えられたのが、糖尿病食品交換表だ。

この食品交換表は、指示された栄養素の構成の食事を、患者さん自身の好みに応じて、自由に献立作成できるという利点がある。

食品交換表は、
簡単で使いやすい。
いろいろな食習慣、環境の人が使える。
外食の際にも役立つ。
正しい食事の原則を理解するのに役立つ。
という方針に基づいて作られました。

食品交換表では1単位を80kcalと決めている。
食品は多く含まれている栄養素ごとに6つのグループに分けられており、一日の指示エネルギー量に応じて、そのグループから何単位摂取するかが決められる。
同じグループの単位内であれば、自分の好きな食品を選ぶことができるというのが、食品交換表の利点だ。

実際に糖尿病に罹患し、食事制限が必要となる方は、病院にて、管理栄養士などから栄養指導を受けることになると思う。
その際に、食品交換交換表の購入を勧められることが多いようだ。

最初はなかなかわかりにくいかもしれないが、何よりも自分の健康のためだ。
上手に活用できるようになりたいものだ。


栄養士としての就職先は、病院、学校、産業給食施設、健康保険組合、福祉施設、保健所や保健センター、研究機関や教育機関など様々ある。

栄養士養成施設を卒業後、ほとんどの人がこういった場で、栄養士として働くことになるのかというと、そうでもありません。

栄養士の仕事は限られている。
病院や福祉施設などを見ていただけるとわかるが、看護師や介護職員といった人たちは、一施設にたくさんの人がいる。
しかし、余程規模の大きな総合病院などは別かもしれないが、ほとんどの施設において、栄養士は1施設に1~4人程度しかおりません。

しかし、毎年栄養士養成施設を卒業する人は何万人にもなる。
そのため、いくら需要が高まってきてる職業といわれていても、実際に養成施設を卒業後、栄養士の仕事につく人は、半数以下となってしまっているようだ。

そのため、栄養士として働くためには、計画的な就職活動が必要となる。

新卒者の求人がくる時期は、給食受託会社などの一般企業が5~6月ごろ。
病院や施設など、直属の栄養士の募集が8~9月ごろ。
保健所など公的施設の募集が10月過ぎとなる場合が多いようだ。

ただ、病院や施設などは管理栄養士を求めている場合が多いので、栄養士資格しか取得できない学校は不利になるようだ。

栄養士資格のみの場合、働きながら管理栄養士受験資格を得なければならないので、施設や病院の調理師として勤務し、実務経験をつむ場合もあるようだ。

また、管理栄養士養成施設の場合は、管理栄養士国家試験についても就職活動の計画上で考慮しなければなりません。
たとえ、管理栄養士取得見込みという形で内定をいただいてしまうと、先方が管理栄養士を希望していた場合、試験に落ちてしまうと、とても肩身が狭い思いをしてしまったり、最悪、内定取り消しということにもなりかねないからだ。

いずれにしても、栄養士や管理栄養士として働きたい場合は、計画性をもって就職活動にあたらなければ、なかなか厳しいというのが現実のようだ。


ダイエットの二本柱は適度な運動と栄養の管理だ。

痩せるという行為だけを見ると、1日の消費カロリーが摂取カロリーを上回ればよいだけだので、極端な食事制限により、痩せることもでくる。

ただ、食事制限ばかりで体重を落としてしまうと、人間の身体の中にある本能が働き、少ないエネルギー摂取でも適応できるようになってしまいる。

これはダイエットをしている人にとっては、非常に恐ろしいことだ。
身体が省エネルギーで動くことになってしまうと、ダイエットが目標に達した時、それ以前の食生活に戻すと、省エネルギーとなっているからだからしてみれば、過剰な栄養が摂取されているとになってしまうからだ。

よく、せっかくダイエットしたのに、リバウンドしてしまったという人がいる。
食事制限のみでダイエットをすると、こういったことが起きるので、リバウンドがしやすくなってしまっているということが大きな原因となっているのだ。

そのため、ダイエットには運動が欠かせないのだ。
運動といっても、激しい運動は必要ありません。
1日30分のウオーキングなどの簡単な有酸素運度を、無理の無い目標を立てて、続けることが大切なのだ。

食事についても同様だ。
脂分は一切カット。などと極端なことをすることはありません。
脂質だって身体を動かすためには必要な栄養素だ。
バランスの取れた食事を管理し続けることが大切なのだ。

最後に、極端な減量を目標とするのも止めましょう。
1ヶ月に減らしていい体重の上限は、現在の体重の5%だといわれている。
それ以上減らすと、先ほどのような理由でリバウンドしやすくなるからだ。

無理の無い範囲で、一生続けられる運動や食事を管理していく。
これが、結局一番近道で、正しい方法だといえるようだ。


生活習慣病は、一昔前、成人病と呼ばれていた。
この名称の変更は、成人ばかりがなる病気ではなく、日頃の生活習慣がその原因である場合が多いということによります。

生活習慣病とは「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」とされ、糖尿病、肥満症、高脂血症、高尿酸血症、循環器疾患、大腸癌、高血圧症、肺扁平上皮癌、慢性気管支炎、肺気腫、アルコール性肝障害、歯周病、骨粗髪症などが含まれます。

病気と関連する生活習慣は、食事・運動・飲酒・喫煙・休養など様々だが、特に関係が深いのが食事だと思う。

また、食事は自分自身で出来る健康維持・増進のもっとも手軽で有効な方法だともいわれている。
実際に罹患してしまうと、食事の管理なども病気ごとに異なってきてしまいる。
しかし、予防すると言う観点から見れば基本は同じだ。

毎日3食欠かさずとる。
主食・主菜・副菜をそろえ、栄養バランスを意識した食事を心がける。
栄養素の偏りをなくすためなるべく多くの種類の食品をとる。
といったことだ。

栄養をきちんと管理するとなれば、ハードルはあがってしまいる。
実際に糖尿病などになってしまうと、医師や管理栄養士の指導の下に食事制限しなければならなくなってしまいる。

そうなればいろいろ勉強もしなければなりませんし、大変なことだが、上にあげた程度のことであれば、普段の食生活にも取り入れることは簡単なのではないでしょうか。

正しい生活習慣や食習慣を身に着けることが、健康の秘訣だ。
最近では小児糖尿病や小児肥満など、子供が生活習慣病に罹患してしまう場合もある。
自分ばかりではなく、家族の食生活にも気を配り、家族みんなで健康的に過ごしたいものだ。


糖尿病の原因は遺伝的体質を原因とする場合では、過食と運動不足による肥満、精神過労、不摂生、ストレスなどが重なることが原因だといわれている。

糖尿病の患者さんのほとんどが、後者の過食などを原因とする糖尿病であるといわれている。
そのため、食生活を見直すだけで、症状の改善が見込まれる方がほとんどなのだ。

糖尿病で加療が必要とされると、医師や管理栄養士などがから、栄養指導されると思う。
栄養指導などというと、難しく、厄介なことだと思うかもしれないが、糖尿病の食事の管理は、それ程難しいことではないといわれている。

ポイントとしては、
栄養のバランスを考える。
薄味、腹7分目を心がける。
目安量を覚え、自分の食事量を把握・管理する。
などといった程度だ。

食生活によって、糖尿病になったという人は、食べることが大好きだという人が多いのではないでしょうか。
そういう方からしたら、食事制限なんて、楽しみを奪われたも同然だと思うかもしれないが、糖尿病は食事制限といっても、基本的に食べられない食べ物はないようだ。
要は、食べる量が問題なのだ。
目安量を覚えるのは、なかなか大変かもしれないが、食品交換表などわかりやすい資料も出ているようなので、栄養指導を受ける際に、管理栄養士何などに相談してみると良いと思う。

また、糖尿病についての学習会も、病院や行政の主催により、たくさん開かれているようだ。
そういった場に積極的に参加して、自分なりの食事管理の方法を身につけると良いと思われます。

糖尿病は恐ろしい病気だが、今までの食生活を見直して、正しい食生活を送るということとだけで、かなりの病状の改善が見込めるそうだ。

高齢社会といわれ、長生きできる人が増えているが、健康に長生きできなければ意味がないと思う。
健康的に長生きするためにも、現在は健康であるという人も、食生活をみなをしてみると良いかもしれない。


病院勤務の栄養士は、栄養指導業務、献立業務、食数管理、衛生管理などが主な仕事となる。

栄養指導業務は実際に患者さんに対し、病状や検査の数値に応じて、栄養アセスメントを作成し、指導する。

献立業務については、献立の作成や発注が主な仕事となる。
ただ、献立作成といっても、病院だから、一般食以外にエネルギー制限食、減塩食、脂肪制限食、たんぱく制限食、高たんぱく食などの治療食や、全粥食、流動食などといった患者さんの食べられる能力に応じた食事など、実にたくさんの種類の献立を立てなければなりません。

実に膨大な仕事内容だので、何人もの栄養士を置き、それぞれが専門の仕事を行っているところも多いようだ。
最近では給食受託会社のへの委託が進んでいるので、病院側の栄養士は栄養指導を主な仕事とし、受託会社の栄養士は給食管理を主な仕事とするといったような方法をとっているところも多くなっているようだ。

病院の栄養士として、患者さんの健康回復のために役立ちたいと考えているのであれば、日々変化する食品事情や病気に関する知識が必要となる。

また、NST(栄養サポートチーム)をつくり、活動している病院も増えてきている。
NSTでの管理栄養士の役割は、栄養アセスメント、必要栄養量の算出、経腸栄養剤、補助食品の提案、栄養指導などがあげられる。

NSTに代表されるように、食生活の多様化により、以前に比べると、栄養士に求められるものがより高度になってきているようだ。
栄養士としてやっていくのであれば、それに負けないよう、日々の努力が重要となるのではないでしょうか。


入院したときの病院の食事といえば、冷たくて、おいしくないといったイメージがあるものだ。

病院の食事は、病状や食事摂取基準など、いろいろな制限を受けた中で、かなり厳しく栄養管理されて作られている。

特に、治療食と呼ばれる食事においては、カロリーが制限されていたり、たんぱく質や脂質、塩分が制限されていたりと、栄養管理に気を配り、味は二の次といった献立が立てられやすいということもある。

しかし、最近ではホスピタリティや、QOL(クウォリティ・オブ・ライフ)の向上といったように、たとえ病院にいても、生活の質は落とすべきではないという考え方が広まってきている。

そのため、病院や施設における食事についても、適時適温であることが当たり前になってきている。

この適時適温というのは、温かい食事は温かく、冷たい食事は冷たいままで提供するということと、配膳時間を朝食は午前8時ごろ、昼食は正午ごろ、夕食は午後6時ごろとすることだ。
一般の家庭では、盛り付けたばかりの温かい食事を食べることがでくる。
また、時間もそれほど極端に早くありません。
一昔前は、冷えた食事を夕方4時頃に提供されるといったことが普通だったようだが、生活の質が見直されるようになって、改善されるようになったそうだ。

また、嗜好調査や選択メニューなどのように、好き嫌いが許されない雰囲気であった病院の食事も、栄養は管理されつつも、患者さんの嗜好にある程度あわせることができるようになったので、以前に比べると、格段においしくなっているのではないでしょうか。

入院するときに病院を選ぶ基準として、食事も選択肢に入ってきている時代だ。
ネット上において、食事のおいしい病院ランキングなどを作られているところもある。
病院の食事=冷たくておいしくないという構図は、もう古いのだろう。


栄養士になろうと思った場合、栄養士免許は独学で取得することはできません。
高校を卒業後、国が指定した養成施設を卒業することが必要になる。

そして、その栄養士要請施設は全国にたくさんあるので、栄養士になろうと思った場合、そのたくさんの学校の中から、自分にあったものを探す必要が出てくる。

まず、栄養士要請施設を探すにあたって、大切なのは目的だ。

とにかく、一日も早く栄養士として働きたいと考える場合と、きちんと勉強して、管理栄養士の資格を取得することを優先するという場合でしたら、進むべき学校が違ってくる。

とにかく栄養士となりたいという場合は、2年制(3年制)の短期大学や専門学校、または4年生の大学を選ぶこととなる。
栄養士は、これらの学校を卒業し、所定の課程を修了すれば自動的に栄養士免許を取得でくる。

管理栄養士となりたいという場合であれば、4年制大学、もしくは4年制専門学校の管理栄養士課程を卒業し、卒業と同時に管理栄養士国家試験受験資格を得て管理栄養士国家試験に合格すれば、管理栄養士となることがでくる。

また、栄養士の資格を取得した後、各栄養士養成施設の修業年限によって設けられた一定期間の実務経験を経て、管理栄養士国家試験の受験資格を得るという方法もある。
しかし、実際に栄養士として働きながら、管理栄養士国家試験の勉強をするというのは、かなり大変なことのようで、合格率は管理栄養士要請施設を卒業した場合よりも低くなってしまっているとうのが、現状のようだ。

最近では、それぞれの大学がホームページをもち、様々な情報を提供してくれているので、いろいろと調べ、自分にあった学校を探し出するように。

褥瘡の予防


褥瘡(じょくそう)は床ずれともいい、介護を困難とする大きな要因となっている。

そもそも褥瘡は血行障害によっておくる。

健康な人はどんなに熟睡していても、体重で皮膚の血流が途絶えたら、無意識に寝返りをうち、血行障害を起こすことはありません。

しかし、皮膚の知覚障害があったり、麻痺などで自由に身体を動かすことができずに、長時間(2時間以上)同じ体勢でいると、血流が途絶える状態と鳴り、皮膚が壊されてしまいる。


褥瘡の症状としてはまず、圧迫された部分が赤くなってはれます。後にそれが水ぶくれ、びらん、潰瘍、または乾性壊死などがでくる。
壊死が筋肉や腱、骨にまで及ぶと、これらが露出することもある

褥瘡はできてしまうと処置が大変だので、予防的な介護がもっとも重要となってます。

褥瘡の予防と管理において、最も基本的な対策は皮膚の圧迫を避けることだ。
体位交換は2時間を目安に行い、エアマットやスポンジパットなどの除圧用具などを用いると良いだろう。

また、衛生管理も必要だ。皮膚を清潔にし、乾燥した状態を維持することも大切だ。布ずれにも十分な注意が必要だ。

最後になったが、栄養管理も大切だ。
栄養状態が良くないと、低栄養状態によってやせてしまったり、組織の耐久性が低下してしまったり、免疫力が低下してしまったりする。
十分なエネルギーやたんぱく質、ビタミン、微量元素の補給で基礎体力から向上させ、褥瘡を未然に防いでいきたいものだ。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。