プロフィール

paiff

Author:paiff
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福祉施設は大きく「児童福祉施設」と「社会福祉施設」に分けられている。

児童福祉施設児童が対象となる施設で、保育園、乳児院、児童養護施設、知的障害児施設、肢体不自由児施設、児童自立支援施設などのことを指する。

社会福祉施設とは成人が対象者となる施設で、老人福祉施設、身体障害者援護施設などのことを指する。

高齢化社会が急速に進んでいる現在、とくに社会福祉施設での栄養士の需要は高くなっていくのではないかと思われます。

社会福祉施設における栄養士の仕事は、献立の作成、食材の発注、調理員に対する栄養に関する知識の向上などの指導、給食施設の衛生管理、さらには個々の利用者の状態に応じた献立作成、栄養指導などが主な内容となってくる。

社会福祉の場合、利用者のほとんどは高齢者だから、様々な疾患を抱えていることが多くなる。
また、食事を取るという能力自体が衰えてきていることも多くなってくる。
そのため食事の種類も、エネルギー制限食、減塩食、脂肪制限食、たんぱく制限食、高たんぱく食などの治療食や、きざみ食、流動食といった食べる能力に合わせた食事など、多くの献立を立てる必要がある。

ただ、高齢者を対象とした福祉施設においては、栄養管理に関することもちろん大事なのだが、高齢者が食事を楽しめるということに重点を置かなければならず、その兼ね合いが難しいそうだ。

また、健康増進法では、「特定給食施設であって、特別の栄養管理が必要なものとして厚生労働省令で定めるところにより都道府県知事が指定する施設」の設置者は、当該特定給食施設に管理栄養士を置かなければならないことを定めているので、栄養士よりも、管理栄養士が求められる職場でもあるようだ。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。