プロフィール

paiff

Author:paiff
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福祉施設は大きく「児童福祉施設」と「社会福祉施設」に分けられている。

児童福祉施設児童が対象となる施設で、保育園、乳児院、児童養護施設、知的障害児施設、肢体不自由児施設、児童自立支援施設などのことを指する。

社会福祉施設とは成人が対象者となる施設で、老人福祉施設、身体障害者援護施設などのことを指する。

高齢化社会が急速に進んでいる現在、とくに社会福祉施設での栄養士の需要は高くなっていくのではないかと思われます。

社会福祉施設における栄養士の仕事は、献立の作成、食材の発注、調理員に対する栄養に関する知識の向上などの指導、給食施設の衛生管理、さらには個々の利用者の状態に応じた献立作成、栄養指導などが主な内容となってくる。

社会福祉の場合、利用者のほとんどは高齢者だから、様々な疾患を抱えていることが多くなる。
また、食事を取るという能力自体が衰えてきていることも多くなってくる。
そのため食事の種類も、エネルギー制限食、減塩食、脂肪制限食、たんぱく制限食、高たんぱく食などの治療食や、きざみ食、流動食といった食べる能力に合わせた食事など、多くの献立を立てる必要がある。

ただ、高齢者を対象とした福祉施設においては、栄養管理に関することもちろん大事なのだが、高齢者が食事を楽しめるということに重点を置かなければならず、その兼ね合いが難しいそうだ。

また、健康増進法では、「特定給食施設であって、特別の栄養管理が必要なものとして厚生労働省令で定めるところにより都道府県知事が指定する施設」の設置者は、当該特定給食施設に管理栄養士を置かなければならないことを定めているので、栄養士よりも、管理栄養士が求められる職場でもあるようだ。

スポンサーサイト

NSTとは


NSTとは「Nutrition Support Team」の頭文字の略で、栄養サポートチームのことをさする。

NSTは、栄養管理をする医師、患者さんの一番身近にいて、その状態を把握している看護師、食事の必要量や摂取量を評価し、調節提供する管理栄養士、薬の管理をする薬剤師など、各専門のスタッフがそれぞれの知識や技術を出し合い、低栄養など栄養管理が必要な患者さんにもっとも良い方法で栄養支援をするチームのことだ。

NSTの役割は、
栄養アセスメントを行い、栄養管理が必要かどうかを判定する。
適切な栄養管理が行われているかをチェックする。
もっともふさわしい、栄養管理法を指導・提言する。
栄養管理に伴う合併症の予防、早期発見、治療を行う。
栄養管理上の疑問に答える。
早期発見や社会復帰をたすけ、生活の質を向上させる。
新しい知識、技術の紹介や啓発をする。
などとなる。

このNST。発祥元のアメリカでは既に総合病院の半数以上に設立されております。
日本でも、ここ数年、栄養管理の重要性が認識されるようになり、全国の医療施設で次々と立ち上がってきてくるようになった。

適切な栄養管理が行われていなければ、いくらきちんとした治療がなされていても、回復が遅れてしまいる。

実際に、NSTを設立している施設からは、
回復が早くなり、入院期間が短縮できた。
感染症の併発が減少した。
などといった成果が報告されているようだ。


今後、診療報酬の面でもNST加算の新設が予見されているそうだ。
病院選びの一つの基準となってくるかもしれない。


最近、適切な栄養管理はどの治療においても基本となり、栄養状態が悪ければ、どんな治療を行っても効果をことができないという目的で、NST(栄養サポートチーム)を発足させる病院が増えてきている。

NSTの役割は、
栄養アセスメントを行い、栄養管理が必要かどうかを判定する。
適切な栄養管理が行われているかをチェックする。
もっともふさわしい、栄養管理法を指導・提言する。
栄養管理に伴う合併症の予防、早期発見、治療を行う。
栄養管理上の疑問に答える。
早期発見や社会復帰をたすけ、生活の質を向上させる。
新しい知識、技術の紹介や啓発をする。
などとなる。

その中における管理栄養士の役割分担は、
担当病棟のモニタリング・症例のアセスメント。
栄養評価・喫食状況に基づいた栄養療法の提言・問題点の抽出。
栄養療法に伴う合併症の早期発見・予防。
患者・家族への栄養食事指導・疑問点への回答。
栄養療法関連食品の情報提供。
となる。

NSTの対象となる患者さんは病院によって異なるようだが、いずれにしても管理栄養士として、かなり能力が問われる仕事内容ではないでしょうか。

栄養士法の改定により、管理栄養士の指導などの業務を、「傷病者に対する療養のために必要な栄養の指導」、「個人の身体状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導」、「特定多数人に対して継続的に食事を提供する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等」と明文化された。

管理栄養士がとして働く以上、保健・医療・福祉サービスの担い手として活動するには、高度な専門知識・技術を持った、資質の高さが必要となってきていることが、このNSTにおける役割を見ることでも、良くわかる。

PEGとは


PEGとは、Percutaneous(経皮)Endoscopic(内視鏡)Gastrostomy(胃瘻造設術)の頭文字をとった医療専門用語で、口から食事の取れない方や、飲み込むことができない方などのために、カテーテルを通して直接胃から栄養が取れるようする手術のことだ。

PEGは、鼻から胃へチューブを挿入して栄養を補給する鼻腔栄養や、高カロリーの点滴を24時間連続で行う中心静脈栄養に比べ、安定した栄養管理が可能と言われている。

手術は局所麻酔のもとで行い、所要時間も約10分~15分と短時間で行うことができますし、不要となれば穴を塞ぐこともでくる。

患者さんの苦痛も少なく、操作もとても簡単なので、在宅でも栄養管理ができ、介護者への負担が少ないというメリットもある。

また、PEGを使用したからといって、口から食事をとることができないというわけでもありません。
PEGから十分な栄養をとり、飲み込むことが許可されている食べ物のみ、口から摂取するということもできるそうだ。

栄養管理の面から見ても、PEGに使用される栄養剤は体に必要な栄養素がバランスよく配合されている流動食だので、とても優れており、患者さんの栄養状態を改善してくれることが多いようだ。

PEGも含め、さまざまな栄養摂取方法があるので、患者さん自身や介護をされる方、そして何より専門職の方と何でも話し合い、患者さん自身にあった栄養摂取方法を探していく事が大切だと思う。


「スポーツ栄養士」という特別な資格があるわけではないのだが、スポーツの現場で栄養サポートをおこう管理栄養士や栄養士のことをスポーツ栄養士といいる。

多くの一流のアスリートはたくさんのサポートスタッフの協力の下、日々トレーニングを行っている。
栄養面でのサポートももちろん重要で、プロ野球選手、プロサッカー選手、競輪選手など、専門のスタッフがついている場合も少なくありません。

スポーツ栄養士の仕事もいろいろあるが、主な仕事の内容は、選手の栄養管理だ。
選手の生活スタイルやコンディションを把握した上で、最適な献立を提供したり、選手や指導者にスポーツ栄養の知識を普及したりしている。

一流のアスリートと直接触れ合える仕事だから、憧れる人も少なくないでしょうが、実際にスポーツ栄養士となるのは、狭き門のようだ。

実際にスポーツの現場でも栄養に関する専門家は必要とされている。
しかし、明確な「スポーツ栄養士」としての資格があるわけではないので、本人の資質に問われる部分が大きいのではないでしょうか。

スポーツ栄養士を目指すのであれば、栄養士の資格しかないのであれば、まず管理栄養士の資格を取得し、何を聞かれても大丈夫と自信を持って答えられるくらいの知識を身につける必要があると思う。

最近では、スポーツ栄養士を目指す人のための講習会なども開かれているようだので、そういった場を積極的に利用し、自身の知識を蓄えていくのが、一番の近道だと思う。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。